ファスティング準備期にハーブアブソリュート コンブッカのファスティングに向けた体調作りが最大の効果を引き出すことになります。
ファスティングは、いきなり行なうより3日間から1週間かけて心身ともに食事や生活週間を整えることでより効果を発揮することになるのです。
特に初めてハーブアブソリュート コンブッカのファスティングを行なう場合、この準備期間中に徐々に食事の量を減らしていく中で、自分自身に
「わたしにもできそう!」
と自信を持ち、成功体験を得るという大きな意味もあります。
あなたが期待するハーブアブソリュート コンブッカのファスティングの効果を最大限に引き出すためと、快適なファスティングライフを過ごすための必要期間となりますから逸る気持ちを抑えて取り組みましょう。
身体のコンディションを整える必要性はファスティング時に心身のストレスをできる限り抑えることにもなりますから、しっかりと行いたいところです。
食事の内容や量を調整していく準備期間を、ファスティングの専門用語でプレパレーションフェイズといます。
ファスティングに向けてのいわばウォーミングアップ期間になるわけですね。
この期間に準備をしっかりしないと、人によっては頭痛や吐き気などの不調が現れやすくなったり、ファスティングの効果も半減してしまうということにもなりかねません。
わたしも準備期間に甘いものをついつい食べてしまい、思うようなファスティング効果を得られなかった苦い経験があります。
また、心の準備ができていないままハーブアブソリュート コンブッカのファスティングに入ると、ストレスに耐えられずファスティングを諦めてしまうことにもつながります。
そのため心身の準備をしっかりと整えてからファスティングを行えば、空腹感のストレスが軽減したり、ハーブアブソリュート コンブッカのファスティング期に脂肪燃焼の効果やデトックスの効果が出やすくなります。

ハーブアブソリュート コンブッカのファスティング準備期の食事

通常、準備期はファスティング日数と同じだけ確保できるのが理想的とされています。
6日間のファスティングであれば、ファスティング前の1日〜3日目は玄米を中心とした穀菜食と魚介類や豆腐や納豆などの豆製品、4日〜6日目は柔らかく炊いた玄米粥中心の食事で消化の良いものがいいでしょう。
これらの食事は、ファスティングで効果を得やすい体内環境を作る食事なのでおすすめです。
初めてのファスティングの場合、3日間のファスティングで1週間かけて準備した方が安心してファスティング本番を迎えられます。
準備期には、徐々に食事の内容と量を減らしていく必要があります。
目標はファスティング本番の1日500kcalに近い摂取カロリーを意識しながらカロリーを徐々に減らしていくこと。
外食する場合は洋食よりも和食で栄養バランスが良いものをなるべく心がけてください。
高たんばく、高脂質な食事や過剰な塩分摂取は控え、生食や発酵食品を多く摂ることで体内環境を整えるのがポイントです。
本番までに玄米ご飯から玄米粥へ、おかずを通常の物から柔らかい野菜や芋の煮物などのように徐々にポリュームを仰えて消化吸収の良いものにしていきます。
食べる量も、徐々に減らしていく必要がありますが、できれば食事のカロリーを計算しながらカロリー単位で減らしていくのがいいですね。

ファスティング準備期に避けるべきもの

たばこやお酒などの刺激物や、コーヒーや紅茶や緑茶などのカフェインが含まれているもの、乳製品、菓子類などの嗜好品の摂取は控えましよう。
ファスティングの直前まで摂取していると、ファスティングの効果が十分に得られなかったり、ファスティング時に摂れないことに対する精神的なストレスを感じてしまったりすることがあります。
念の為にくれぐれもお伝えしておきますが、ファスティングで食事を制限するからといって準備期間中にドカ食いなどの暴飲暴食はしないようにしましょうね。
間違いなくファスティングが失敗します。
KOMBUTYA(コンブチャ)