脳のストレス耐性を味方につける

効果的なハーブアブソリュート コンブッカの活用法!脳のストレス耐性を高めてファスティングダイエットに成功する方法です!
どんな分野の成功者でも、成功者は必ず成功を確信しています。
言い換えれば成功するイメージを明確に持っているのです。
あなたはどうにかして体脂肪をを減らしてダイエットに成功し、理想的な美ボディを手に入れたいと思っていますよね。
理想的な美ボディを手に入れるために体脂肪を溜め込まない体質にするには、「脳のストレス耐性」を高めなければなりません。
その方法としては、何はともあれファスティングダイエットに成功する自分を確信することです。
ダイエットに成功した未来の自分を明確にイメージするんです。
「そうはいっても、『確信する』ってむずかしくないですか?だって、自分が体脂肪を溜め込まないですむかなんて、未来のことはわからないじゃないですか」
あなたはこんなふうに感じるかもしれませんね。
でもあなたがどれだけ疑間を持っても、「確信」の重要性とそのパワーは揺らぎません。
勝利するスポーツ選手は勝利を確信しています。
「勝てるかどうか分からない」なんて思っているアスリートは絶対に勝てません。
事業で成功を収める人も成功を確信しています。
「成功できるか分からない」などと思っている人は絶対に成功しません。
同様にファスティングダイエットに成功するためには、体脂肪を溜め込まないようにに気をつけて、体脂肪を溜め込まない体質にし、「自分は完全にファスティングダイエットに成功して体脂肪を溜め込むこととは無縁!」
と確信することが、ただひとつの方法です。
女子サッカー日本代表チームの「なでしこジャパン」が2011年の女子ワールドカップで優勝という快挙を成し遂げたときは、日本中が沸きたちましたよね。
なでしこジャハンの選手たちはインタビューで「優勝すると確信していた」「決勝戦の勝利の瞬間までリアルにイメージできていた」と話していたことが印象に残っている方も多いのではないでしょうか。
彼女たちの優勝の最大の要因はその「確信」と「リアルなイメージ」だったことは間違いありません。
優勝というゴールが彼女たちのコンフォートゾーンのど真ん中にあり、そのゴールへ向かって強力な脳のストレス耐性が働いたのです。

ファスティングダイエットの成功の鍵コンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは科学的な説明では、「不安レベル」と関連しているといわれています。言い換えれば自分が心地よいと感じる状態がコンフォートゾーンです。
お菓子を食べる、美味しい食事をする、気の合う仲間とおしゃべりするというような、いつもやっていることを頭に思い浮かべてみてください。
不安になったり心配したりしない、慣れ親しんでいる毎日の行動は、コンフォートゾーンの一部だといえます。
ダイエットのように新しいことに挑戦する時など不安レベルが上がる行動は、コンフォートゾーンから外れます。
そして、脳のストレス耐性は、コンフォートゾーンに戻ってこようとする性質を持っています。
あなたは「脳のストレス耐性はあなたのコンフォートゾーンに引き戻そうとする」と覚えてください。
あなたがこれまでダイエットに失敗したのは、脳のストレス耐性が「食事を食べすぎるという、これまでのコンフォートゾーンに向かって働く」からです。
なんとか食事を減らしてやせはじめても、脳のストレス耐性は元の状態へ戻ろうとするのです。
そして、脳が体重をいつものレベルに戻そうとする指令を出すため、やせ我慢をしても脳のストレス耐性には勝てず、食べることを我慢できません。
ふとあるとき気づいたらあなたは何かを食べていたはず。
コンフォートゾーンへ戻ろうとする強力な脳のストレス耐性、これがダイエットのリバウンドの原因です。
不安な状態を自分からわざわざ求める人もいないでしょうが、少しの不安であれば驚くほどメリットがあります。
それが、ファスティングダイエットを成功に導くために脳のストレス耐性を味方につけるということなのです。
あなたもこれまでに経験しているはずです。ほんの少し不安や心配があった方が、仕事を早く終わらせたり、成果を上げたりする後押しになりましたよね。
ファスティングダイエットに限らず、どの分野でも成功する人には必ず確信があります。
そして、いくつになってもファスティングダイエットに成功する人には「自分は完全にファスティングダイエットに成功して体脂肪を溜め込むこととは無縁!」という確信があるのです。
脳のストレス耐性を敵に回しても勝ち目はありませんが、味方にすればこれほど強力で心強いことはありません。
ファスティングダイエットの成功の鍵は、効果的にハーブアブソリュート コンブッカを活用してファスティングダイエットをして「痩せる」と強くイメージすれば「痩せる」
この自己イメージ内部表現の書き換えこそが、脳のストレス耐性を上げるのです。

ファスティングダイエット成功のための簡単な自己イメージの書き換え方法

ファスティングダイエット成功のための、脳のストレス耐性アップの簡単な自己イメージの書き換える方法をご紹介します。
この習慣を身につければあなたのこれまでのダイエットの失敗を確実に帳消しにできるはずです。
ダイエットに限らず健康と美容を手に入れることができるように是非実践してみてきださい。

ポジテイプな自己対話を習慣にする

「痩せない」「だるい」などのネガテイプな自己対話をやめて、「今日も元気だ」「健康だ」「絶好調だ」などのポジテイプな自己対話を習慣にする。
「痩せない」が口癖だと痩せることが難しくなります。
まずは、自己対話をコントロールすることです。
自己対話とは、頭の中でつぶやく独り言や、ロには出さない物思いのことです。
私たちは毎日無数の自己対話をしています。
各業界の一流と呼ばれる人たちは愚痴は絶対に吐かないようにしている方が多いはずです。
たとえ思うようにいかなかったり、問題が起こっても自分自身と対話して自らを奮い立たせているからなんですね。
あなたは、次のような独り言を頭の中でつぶやいてはいませんか?
「眠い」
「からだがだるい」
「胃がむかむかする」
「最近疲れてるから体にいい物食べなきや」
「運動するのがやだ」
「また食べ過ぎた」
「痩せない」
「忙しくてうんざりする」
「ストレスが溜まる」
「疲れた」
「早く帰りたい」
「明日、会社に行きたくない」
こうしたセリフの中で3つ以上が自分の毎日に当てはまる人は、自己イメージが「不健康」になっているといえます。
もちろん、忙しくて体が疲れているからこのようなセリフが出るのでしよう。
しかし、機能脳科学的には、このようなセリフを自己対話することによって「痩せない不健康な自分」という自己イメージをみずから強固にしてしまっているから痩せないのです。
いつも「痩せない」「だるい」と感じる自己対話の潜在意識のエネルギーは強力ですから、ネガティブな自己対話はそのまま自分の生活のコンフォートゾーンになってしまいます。
「今日も元気だ!」
「運動しよう!」
「必ず痩せる!」
と自己イメージを置き換えることで脳のストレス耐性を高めることが自然にできるようになります。

身体を極限までリラックスできる習慣を作る

呼吸を整えてリラックスし、「スリムで健康的で元気いっぱいな肥満とは無縁の自分」をリアルにイメージする。
あなたが今、お腹が空いて何か食べたいということが気になっていれば、空腹という状態が今のあなたの心が感じている現実世界です。
ところが、あなたが映画に夢中で、お腹がすいていることなど忘れているときは、映画の中の世界が今のあなたの心が感じている現実世界です。
人は映画を見て涙を流すこともありますが、それは脳が映画の中の世界に臨場感を感じ、映画の中の世界を「現実」と認識しているからです。
心が感じているイメージに臨場感があるなら、脳はそのイメージを現実だと認識します。
すなわち、臨場感を持って「痩せている自分」をイメージすれば、脳が「痩せている自分」を現実ととらえ、「痩せている自分」を維持するように脳のストレス耐性を働かせるようになります。
あなたの臨場感が「痩せている自分」をイメージするためには、まず体を徹底的にリラックスさせる必要があります。
その理由はいたってシンプルです。
例えば肩がこっていたり、首が緊張しているなどの自覚があると、その神経の緊張に対して脳のストレス耐性が働き、肩や首の緊張の現実性が、これからリラックスしようとするイメージの心が感じている現実性より強くなってしまうからです。
固い椅子に座って映画をみていると、映画に集中できませんよね。
お尻が痛くなってきて、その痛みが気になって、映画の中の世界に入り込めません。
それは、お尻が痛いという現実性が、映画の中の心が感じている現実性より勝ってしまっているからです。
ですから、心が感じている現実性を高めるには、まず体を徹底的にリラックスさせる必要があります。
身体を極限的にゆるめてリラックスしたときに初めて、身体が感じている臨場感を離れて、心が感じている臨場感を高めることができます。
そのための方法として昔から行なわれてきたのが深呼吸です。
深呼吸により、自律神経のうち交感神経の働きが弱まり、副交感神経の働きが強くなります。
交感神経が活動している時、ストレス、緊張している時に働いていますが、副交感神経は、休息、体の修復をしている時、リラックスをしている時に働くのです。
深呼吸は、副交感神経の働きを強くすることで、リラックスした状態へ切り替えてくれる効果があるのです。
また、深呼吸は便秘症の改善やダイエット効果も期待できるのでまさにあなたに打って付けの方法です。
深呼吸は意外ときちんとできない方もいるので、簡単に正しい深呼吸をお伝えします。

楽な姿勢で座る
鼻から深くおなかがめいっぱい膨らむくらい息を吸い込む。胸は動かさない。
すぼめた口から息を吐く。おなかが完全に引っ込むのを意識しながら息を完全に吐き出す。
これを3回から10回繰り返す。ゆっくりとしたペースで行う。

身体をリラックスしたら「スリムで健康的で元気いっぱいな肥満とは無縁の自分」をリアルにイメージすることにより脳のストレス耐性を高める習慣がつきます。

スリムな自己イメージに沿う行動をしてゴールへのプロセスをイメージする習慣を作る

現状とかけ離れた新しい自己イメジを描きつつ、ゴールへと向かっている自分をリアルにイメージし、イメージどおりの行動を実践する。
現在の自分とはかけ離れたスリムで美しい美ボディの自分を、圧倒的な臨場感でイメージします。
その方法は、現状とかけ離れた夢のような自分をゴールとして描きながら、そのゴールに向かっていく途上の自分をリアルにイメージするのです。
たとえば、体重80キロの人がダイエットをする場合、まず45キロの美しい自分をリアルにイメージします。
ゴールはあくまで「45キロの美しい自分」です。
注意点は現実味が現在の自分と近過ぎてはいけません。
現状と近いゴールではコンフォートゾーンが移動しません。
そして、そのゴールのリアルなイメージを描きつつ、ゴールへと至るまでのプロセスをふむ必要があります。
たとえば「食事は腹五分目で終える自分」「間食をしない自分」「毎日、運動を欠かさない自分」「体重計に乗ると昨日より数値が減っている」といったイメージを臨場感豊かにイメージするのです。
ゴールはあくまで現在の自分とかけ離れたところに設定してイメージするようにしてください。
それによってコンフォートゾーンが移動して、ゴールに向かって脳のストレス耐性が働きます。
さらに、ゴールへと向かっている自分もリアルにイメージします。
そうすることで、新しい自己イメージの臨場感を維持することができます。
そして、完全にファスティングダイエットに成功して体脂肪を溜め込むこととは無縁!な自己イメージに向かって脳のストレス耐性が働きますから、ゴールの達成に必要な行動が自発的に生まれるようになります。
スリムで元気になるために″がんばる″必要などなくなるのです。
味方につけた脳のストレス耐性の働きで、努力なしに自然とスリムで完全にファスティングダイエットに成功して体脂肪を溜め込むこととは無縁!になっていけるのです。
これが、「脳のストレス耐性」を上げるトレーニングです。
このトレーニングを習慣とするあなたは、これまでのあなたとは180度違うあなたになります。
同じダイエット効果を目指すのでも、これまでのあなたは「太らないように〇〇に気をつけよう」と、太ることへの″おびえ″と肥満に対する″恐怖″を持っていたことでしよう。
しかし、ここで紹介した「脳のストレス耐性」を上げるトレーニングを習慣とするこれからのあなたは、太ることにおびえて神経質になっていたのとは180度違う「ダイエットに成功した自分」が土台にあります。
このマインド設定の180度の転換によって、毎日の生活が根底から明るく楽しいものになります。
太ることを恐れると、かえって肥満を招くことになります。
太ることを恐れる必要などありません。
「脳のストレス耐性」を上げるトレーニングで、あなたは「完全にファスティングダイエットに成功して体脂肪を溜め込むこととは無縁!」になります。
KOMBUTYA(コンブチャ)