ハーブアブソリュート コンブッカのファスティングをやってみようと思っているあなたにまずは、準備していただきたいことがあります。
この準備と基礎知識をしっかり守れば失敗を最小限に食い止め、成功への近道になりますのでチェックしてみてくださいね。
その前にハーブアブソリュート コンブッカのファスティングを避けた方がいい状態の方を紹介しておきます。
いかに健康や美容のためとはいえ基礎的な体力がない場合は、ファスティングで体調をくずすことになりかねませんのでよく覚えておきましょう。
ファスティングを実施する前にこれらに該当する方は、医師に相談することをおすすめします。
そして、少しすつファスティングに向けてまずは食生活の改善と生活習慣の見直しから始め、身体を調整してみてくださいね。

ハーブアブソリュート コンブッカのファスティングに向かない方

治療中の方、服薬中の方

何かの疾患があり、医薬品の服用をされている方です。
特に過去に心筋梗塞や脳卒中を起こしたことがある方や心臓や肺、肝臓や腎臓などの持病がある方は専門医の指導の下にファスティングを行う必要があります。
個人の判断で服薬しながらファスティングを行ったり、服薬をやめてファスティングを行うことは危険があります。
また、ファスティングの効果と目的の一つであるデトックスはこれらの薬物を身体から排除する作用がありますし、体に薬物が残ってしまうと本来のファスティング効果を得ることができなくなってしまいます。
経口避妊薬ピルなども含め、個人の判断で、服薬しながらのファスティングは避けましょう。

中学生以下の方

身体が未発達な中学生以下のお子さんは行ってはいけません。
一般的なファスティングは身体が成長した状態でなければ負担がかかるためです。
治療の一環として小児糖尿病などの小学生の肥満の場合、ファスティングを取り入れることがありますが、医師の管理下で行うべきです。

低体重の方

BMIが18以下の方はファスティングを控えたほうがいいでしょう。
ファスティングの目的は、デトックスやアレルギーの改善、脳機能をアップしたいといった効果を実感するためですが、ファスティングを実践すると体重、体脂肪率がほとんどの場合減少するからです。
BMIが18以下の方は場合によっては体重と体脂肪率が減少して体調を著しく崩す危険があります。
ファスティングで体重増加を図りたい場合は医師や専門家の指導を受けながら体調を徐々に安定させながら挑戦することをおすすめします。
ちなみにBMIとはBodyMassIndexの頭文字をとったもので成人の場合、体重(kg)÷身長(m)の2乗で計算します。

妊娠中の方、授乳中の方

妊娠中、授乳中の女性はファスティングを行ってはいけません。
妊娠中や出産後は、体型が変わりやすく、ファスティングを考えている女性は多いと思います。
しかし妊娠中や授乳中は、基本的にファスティングに向かず、無理をすると体調を崩して時には胎児への悪影響も考えられます。
また、授乳中の方は赤ちゃんへの母乳の出が悪くなったり、母乳の栄養価が下がったりといった問題が出ることがあるためです。
ただし、ファスティングや置き換えダイエットを行わず、ハーブアブソリュート コンブッカに含まれるミネラルや乳酸菌やポリフェノールなどの栄養補給の意味でハーブアブソリュート コンブッカを普段の生活に取り入れる分には問題ありません。
これから妊娠を考えている女性は妊娠前のファスティングは妊娠しやすいコンディション作りとしておすすめです。


ハーブアブソリュート コンブッカをファスティングにおすすめする理由

わたしがハーブアブソリュート コンブッカをファスティングにおすすめする理由を簡単にお伝えしますね。
水だけで行うファスティングは危険です。ファスティング時には適切な栄養摂取を行う必要があるため、栄養バランスが豊富で低カロリーなハーブアブソリュート コンブッカが最適なんです。
市販の野菜ジュースなどはもちろん、自宅で作るジュースも、ファスティングには向きません。
ファスティング時の栄養補給を考えると野菜の種類がたくさん必要になりますし、必要な栄養素を野菜ジュースで摂取しようとするとどうしてもカロリーオーバーになってしまうからなんです。
また、他のファスティング用のドリンクとして売られているものは、人工甘味料や精製された砂糖、保存料が多く使用しているものもあります。
これがまさに失敗の原因!
「ちゃんとファスティングドリンクでやったのに、全然効果がない」、「体調がまったくよくならない」という方は大抵ドリンク選びから失敗していることも。
ファスティングを成功させるためには、安全で効果的なドリンクを選ぶことが大前提です。
次にハーブアブソリュート コンブッカの有効性を簡単にお伝えします。


ハーブアブソリュート コンブッカの効果をサポートする原材料

■ハーブアブソリュート コンブッカの原材料名
ぶどう糖果糖液糖、ガラクトオリゴ糖液糖、イソマルトオリゴ糖、エリスリトール、紅茶エキス、難消化性デキストリン、デキストリン、植物発酵エキス(果実類、野菜類、野草類、海藻類、キノコ類を含む)、乳酸菌(殺菌)、玄米麹粉末、マンガン含有酵母、亜鉛含有酵母、銅含有酵母、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、セレン含有酵母、トレハロース、クエン酸、香料、環状オリゴ糖、保存料(安息香酸ナトリウム、パラオキシ安息香酸ブチル)、クエン酸ナトリウム、緑茶抽出物、L-ロイシン、L-バリン、L-イソシン、(原材料の一部に乳、大豆、やまいも、りんご、オレンジ、キウイフルーツ、バナナ、カシューナッツ、ゴマを含む)

ハーブアブソリュート コンブッカの効果をサポートする成分

1.乳酸菌

ビフィズス菌、アシドフィルス菌、フェカリス菌のほか、乳酸菌をサポートするガラクトオリゴ糖液糖、イソマルトオリゴ糖の2種類が配合されています。

2.ハーブアブソリュート コンブッカの酵素

果物やハーブなど200種以上の植物由来の原料を使用し、じっくり抽出した酵素が使われています。

3.ハーブアブソリュート コンブッカのポリフェノール

紅茶由来のポリフェノールが乳酸菌の働きを助けます。

4.ハーブアブソリュート コンブッカのミネラル

デトックス効果と炭水化物と脂質の代謝の効果をサポートしてくれるミネラル類、マンガン含有酵母、亜鉛含有酵母、銅含有酵母、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、セレン含有酵母などが配合されています。

5.ハーブアブソリュート コンブッカのビタミン

脂肪の燃焼をサポートするビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6が配合されています。

6.ハーブアブソリュート コンブッカのアミノ酸

筋肉の維持に関与するL-ロイシン、L-バリン、L-イソシンが元気をサポートしてくれる必須アミノ酸も含有されています。


ハーブアブソリュート コンブッカの発酵と酵素の成分

発酵とは微生物がヒトに有益な物質を作り出すことをいい、発酵の過程で食品の栄養価や抗酸化力が材料本来の成分よりも高まります。
また、発酵は食品に含まれる成分を細かく分解してくれるので食品の酵素と栄養成分がファスティング時の身体に吸収されやすい形になって内臓への負担が軽くなります。
ハーブアブソリュート コンブッカにはモモの葉、イチョウ葉ニンドウ、イチジク葉、べニバナ、エゾウコギ、エンメイ草、モノヘイヤ、セッコツボク、アカメガジワ、クコ葉、カキの葉、カミツレ、カリン、シソ葉、桑葉、メグスリの木、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、ルイボス、アムラの実、ワイン酵母、アシドフィルス菌、ビフィズス菌、フェカリス菌、アスペルバウダET、ケツメイシ、カンゾウ、ミカンの皮、イチイの実、ハッショウマメ、ムイラプアマ、イボナシツヅラフジ、ツボグサ、トゥルシー、ラッキョウ、砂糖、オリゴ糖、ハチミツ、わかめ、のり、ローズマリー、カツアバ、カルケ一ジャ、紫イぺ、シャぺウ・デ・コウロ、パタ・デ・ヴァカ、パフィア、レモングラス、アニス、マテ、ステビア、ガラナ、綿実、シナモン、クローブ、ガジュツ、ウイキョウ、玄米、オツ麦、とうもろこし、大麦、えんどう豆、小豆、紫ブラジル豆、黒胡麻、キビ、ポップコーン、ライ麦、黒ブラジル豆、エジプト豆、レンズ豆、オレンジ、アボカド、ドライプル一ン、アセロラ、レーズン、スイカ、カシューナッツ、パラナッツ、クダモノトケイソウ、キウイフル一ツ、洋なし、さつまいも、チコリ、大根、カムカム、ピカオプレト、カボチャ、キャッサバ、トマト、コウべマンテイガ、赤カブ、ヤ一コン、アサイー、紫菜、ザクロ、デキストリン、麦芽糖、ショウブ葉、甘草、トンカットアリ、マタタビ、エビス草の種子、アガリクス、アザミ根、大豆、コリアンダ一、ピ一マン、ホウレン草、インゲン豆、ゆりの根、黒豆、アスパラガス、にら、せり、れんこん、きくらげ、マンゴー、レイシ、パパイヤ、梨、バナナ、ビワ、グァバ、スターフルーツ、ライチ、パッションフルーツ、リュウガン、スカズラ、ハイビスカス、こうぞりな、やまたばこ、抹茶など豊富な200種類以上の酵素が配合されています。


ハーブアブソリュート コンブッカのファスティングで他に準備するもの

ミネラルウォーター

ファスティングには1日に約2ℓの水をとるのが理想的です。
できれば良質なミネラルウォーターがいいですね。ミネラル炭酸水でもいいですよ。
ファスティングにおける水の働きは代謝酵素が働きやすくするために必要となります。
体液の構成要素を形成する元となる水は、血液中の酸素や栄養素ををスムーズに運搬して、各細胞の老廃物の排出を助ける働きをします。

ノンカフェインの飲み物

ファスティング中には水だけでは飽きてしまうという方は、カモミール、エルダーフラワー、セージ、タイムなどのハーブティーがおすすめです。
コーヒー、紅茶、緑茶はカフェインを含みます。ファスティング中にカフェインをとると身体に負担がかかるため避けた方がいいでしょう。

身体の状態を記録する物

身体の日々の変化を記録することでダイエットやデトックス効果を実感しやすくなります。
体脂肪率が測れる体重計とメジャーで毎日記録していくのが理想です。
2回目以降のファスティングの目安にもなるので是非記録しておいてくださいね。
KOMBUTYA(コンブチャ)